薪ストーブを暖かく焚く方法
 焚き火の基本を学びましょう



ホーム 自然感 お部屋 お楽しみ プラン料金 空室状況 予約詳細 入室方法 特別特典 観光案内
 

  暖かい薪の焚き方 


 

まず、薪ストーブの構造から見ていく必要があります。薪ストーブは、薪の炎で空気が暖められて上昇気流が発生することにより、室内の空気が薪ストーブ内に吸入・通過し、煙突を通って室外に排出されることが基本になります。



通常燃焼(一時燃焼)は、薪ストーブから煙突へと排気が流れます。

しかし、考えると熱せられた空気が煙突を通って室外に排出される。つまり暖かい空気が外に出ていってること になりますか?

そうとも言えません。薪ストーブ本体が徐々に暖められ輻射熱(遠赤外線)となって室内を暖めます。薪ストーブの材質や表面積によっても暖かさが違ってきます。
また煙突(シングル)も熱くなるので表面積分の熱も室内を暖めることになります。

薪ストーブによっては、二次燃焼機能が付いているものがあります。
この機能が付いているのに使いこなしていない方が意外と多いことに驚かされます。

この二次燃焼機能は、一次燃焼室(室内から見える燃焼部)から直接排気される熱と煙の排気ルートを変えて、高温(薪ストーブにもよりますが250℃以上)になると有効になるコンバスター(触媒)が設置されている二次燃焼室へ排気が通ることで煙も燃やし燃焼効率が向上し、薪ストーブ内の熱滞留が長くなる分、室内もゆるく暖かくなる、優れものなのです。

しかし、この機能を十分に発揮するには、広葉樹の堅い木を燃やして十分なおきびを作ること薪ストーブの温度を管理して(見て)おくこと、そして十分乾燥している薪を使用することが必要になります。

これが出来れば、寝る前にくべた薪が朝になっても小さなおきびとなって残っているので朝に小さな薪を足せば火が、ボッと着きます。


二次燃焼機能が付いていない薪ストーブでも暖かく火を長持ちさせる方法があります

それは、薪ストーブへの空気の流入をできるだけ少なくすることです。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、空気の流入を抑えると火力が落ちて薪の燃えが悪くなり温度が下がってススが出ると思われるでしょう。

必ずしもそうではありません。

それは、薪が乾いていない場合

先ほどの二次燃焼の機能を十分に発揮する方法をとれば、空気流入口を5ミリ開けておけばゆらゆらした炎を見ることもできるし、室内も暖かい。

ポイントは、乾いた薪を使うこと

空気の流入を抑えれば抑えるほど排気速度が遅くなり、薪ストーブ内で熱の滞留おきて、暖かく火持ちが良くなるということです


Copyright © 2020 自然思いの宿 コテジ那須 All rights reserved.
自然思いの宿 コテジ那須