薪火で炊く、ご飯
 焚き火の楽しみとおこげご飯の味わい



ホーム 自然感 お部屋 お楽しみ プラン料金 空室状況 予約詳細 入室方法 特別特典 観光案内
 

  お米の準備から 





キャンプ場の「飯ごう」でご飯を炊いたことがある方も、いらっしゃるかと思います。
薪ストーブコンロでご飯を炊いてみましょう。
ちょっとしたコツと手順がありますので、以下ご説明します。

ご利用の南部鉄器羽釜は3合炊きです。

お米をボールに入れて、食器棚にある計量カップでお米の量を量り研ぎます。
そのままボールでお米が白くなるまで浸水します。


 

  薪ストーブコンロで炊飯 

 

炭火の作り方は、"薪ストーブコンロの焚き方"をご覧ください。
薪ストーブ料理に適した火力は、「炎が上がってなく」「炭火がコロコロしている」状態となりますが、写真を参考にしてもらえると良いかと思います。



ボールに浸しているお米を羽釜へ移し、手のひらを仰向けにおいて、中指の上位まで水を注ぎ蓋をします。
薪ストーブコンロの天板(輪っかを3枚)を外すと羽釜の羽がセット出来る丁度良い径になります、羽釜を穴にはめ込みます。



手袋をはいて蒸気が微かに出始め、吹きこぼれる直前に手前の天板を外し、羽釜を移動します。
(火力が強い時には半開している空気口を1cm開の状態にします。)



羽釜の羽部分に多少吹きこぼれます。
蓋からから少し蒸気が出ている具合がベスト。



焚き時間は、白米で15分(玄米40分)
炊飯中に火力が弱い様なら、炭火を軽く広げ、細めの薪を1本焚べてください。
炊きあがり時間は、火力により幅があります。見分け方は「羽釜の羽部分の水分がなくなる」「香ばしい匂いがする」ところが炊けてる目安です。
「煙が出ている」「焦げた臭いがする」は、焚け過ぎています。時間を待たず蒸らしに移ってください。



羽釜を火から降ろして、20分間蒸らします。
あとは、蓋を開けてのお楽しみ!



 

  復習 

 

ここで「またたび食堂」さんの動画で復習しましょう。


・白米を炊く!


・玄米を炊く!



Copyright © 2020 自然思いの宿 コテジ那須 All rights reserved.
自然思いの宿 コテジ那須